So-net無料ブログ作成

現代のベートーベン佐村河内守氏のゴーストライター新垣氏会見、真実を明かす「佐村河内氏のピアノは非常に初歩的な演奏しかできなかった」

スポンサーリンク




 被爆2世で全聾の作曲家として知られ、「現代のベートーベン」とも言われていた
佐村河内守氏(50)の楽曲を別の人物が作曲していた問題で、
「18年間、佐村河内氏のゴーストライターをしていた」と名乗り出た桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏(43)が6日、記者会見しました。

以下新垣氏のコメント

 〈私は、佐村河内守さんと出会ったときから18年にわたり、彼の代わりに曲を書き続けてきました。
佐村河内さんが世間を欺いて曲を発表していると知りながら、指示されるまま曲を作り続けた私は、佐村河内さんの共犯者です。
障害をお持ちの方々、また、彼の言葉を信じて曲を聴いてくださった多くの方々、見事な演奏をしてくださった演奏家の皆様、本当に申し訳ございませんでした。

 当初は軽い気持ちで曲を書くことを引き受けていました。
彼を通じて私の曲が世の中に受け入れられたことが、うれしかったことは否めません。
しかし、彼が世間に知られるにつれ、この関係が世の中に明らかになってしまうのではないか、と不安を抱くようになりました。
そしてこれ以上、自分の好きな音楽で世間を欺きたくないという気持ちが、私の中で大きくなってきました。

 私は何度か、彼に対して「こんなことはやめよう」といいましたが、彼は聞き入れてくれませんでした。「あなたが曲を書いてくれないと私は自殺する」ともいわれました。

 そんな中、フィギュアスケートの高橋大輔選手が、私の作曲した「ソナチネ」を五輪で使うことを知りました。
このままでは高橋選手までもが彼と私の嘘を強化する材料になってしまう。
しかし、同時に事実を知った高橋選手のショックを考えると公表すべきか迷いました。

 ただ、このまま何もいわず、五輪の後に事実が発覚した場合、高橋選手は非常に戸惑うのではないでしょうか?
「偽りの曲で演技したではないか」と世界中から日本に非難が殺到するかもしれない。
いろいろと考えた結果、高橋選手には事実を知ったうえで五輪を堂々と戦っていただきたいと思い、このような会見を開かせていただくことにしました。

 高橋選手、そして音楽作品を聞いてくださったみなさまには、本当に申し訳ないことをしたと思っております。深くおわび申し上げます。〉





この会見で新垣氏は記者の質問に対し次のような事実を明らかにしました。

・18年に渡り提供した約20曲の報酬は約700万円。
・ 全聾と言われていた佐村河内氏と普通に会話をしていた。
・佐村河内氏は楽譜が読めない。
・佐村河内氏はピアノに関して非常に初歩的な演奏しかできない。
・ 自分はあくまでもゴーストライターとしての立場を貫き、合作として自分の名を出そうと は思っていなかった。
・テレビの特集番組で佐村河内氏が作曲に苦悩する姿を、「演技」だと思って見ていた。
・著作権に関して、帰属を求める意思はない。



現在、佐村河内氏は精神的に不調を来たしていて、会見が行える状態にはないと代理人は語っており、自宅ではない場所にいるということです。

すでに、CDや書籍は店から撤去されており、絶版になると見られています。
またコンサートも中止が決定し、この問題はまだまだ各方面で尾を引きそうです。









スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。